Google 【5分で読める】2流と1流の人との決定的な違い・・・

時代は毎年、メリーゴーランドが高速で回るようにどんどん進化しています。

そしてそれに必死で食らいついていこうとしている多くの人たち。

そんなこんなで今年も間も無く終焉を迎えます。

しかし昔からそうですが、年末は寂しい季節だと私はたそがれてしまいます。

日本は海外にくらべきっちりとしているため、年末の大掃除は欠かせません。

そして年末になると、以前オーストラリアへ年末年始に滞在していた頃を思い出します。

それはシドニーの閑静な住宅街でした。

年末から年始になろうとも、掃除の「そ」の字もオーストラリアには出てきません。

ただ、カレンダーがいつものように1枚めくられるだけの年末年始・・・。

さすがに私も、文化の違いに驚嘆したことを鮮明に覚えています。

ここで何を言いたいのかというと、あなたの私感が正解ではなく、世界中にはあらゆるものの見方があるということです。

それは1番そばにいる家族もそうです。

クラスメイト、同僚も「個性」を誇りとして生きています。

ただしそれはあなたにとって使い勝手の悪いものばかり。

つまり、人を変えることは「不可能」だと知っておいてください。

それだけで、「ああ、この人なりの考え方は尊重しよう」という感情のブレーキがかかります。

その微調整がうまくできるようになれば、他人に騙されたち、怒りを感じたりすることも10%にまで激減します。

他人に文句を言っているうちは2流人間。

徹底的にあなたの感情をコントロールし、””損をしない””人生を謳歌しましょう。

職場でも、学校でもいろんな人が集まった組織です。

組織は””生き物””と同じで、常に鼓動を止めることなくざわついています。

ゆらゆらした組織がうまく吊り合い、何とかチームを作り上げているのです。

私自身も毎週のように記事をアップして皆さんにとって価値のあるものを提供しています。

その瞬間も常にあなたの感情を探りながら、その先に信頼を持ってもらえるように、懸命に考えながら入力しています。

1行も無駄な行はないだろうか、まわりくどい言い回しはないだろうかと書き直しています。

そして語尾に「ます」が2行連続で書かれていないか、難しい漢字は省かれているか。

これもコピーライティングのテクニックだからです。

苦労すればするほど、共感を得られる文章を書くことができます。

そして、一貫性を意識し、変な方向へと趣旨を飛ばさないことも重要なテクニックです。

記事も生き物であり、生きている記事はアクセスも増えます。

だからこそ、せっかく書くのなら死なせない記事になるよう、必死で書き上げています。

それは、私のプライドであり「人生をかけた挑戦」の聖域です。

 

さて、あなたが今生きている場所であなた自身はどう成功を納めたいと感じていますか。

その感情は1日1日わずかに変化しています。

「10日前に決めた決意が10日後の今日にはすでに遂行されていません。」

そんなことは誰にでもあり、もちろんあなたにも何度も体験されたはずです。

そんなことを繰り返しながら、あなたは今の年齢にまで月日を重ねてきました。

せっかく生まれてきた人生であるなら、「腹を決めて」自己満足する結果を残してみたいとは思いませんか?

「他人のせいにしない」

そう、この1点を差し置いて満足な結果を手に入れることは叶いません。

祈ることは簡単にできてしまいます。

しかし、祈った内容を行動へと変換させるには相当なエネルギーを必要とします。

それはあなたに限ったことではなく、私にも存在しています。

まず1日のスタートとして、朝起きること自体が勇気と決意がいることです。

起きる行動をしなくては、トイレにもいけないし、ご飯を食べることさえできませんよね?

「他人のせいにしない」

こう私は提案しましたが、朝起きることを他人のせいにする人はいません。

あくまでもあなたが実行しなくてはいけないことであり、100%あなたに「責任」があるからです。

つまり、これは他人のせいにすることさえできない事例だと思います。

「他人のせいにしない」

これは実際に他人が絡んでくることができる事例においての物語なのです。

さあ、朝起きてあなたは出かける準備を始めます。

そして1歩外に出てからが他人と絡む時間の始まり。

しかし、まず今日1日だけ他人に対して愚痴を持つ感情を捨て去りませんか。

すると素敵なプレゼントが待っています。

心はスッキリとし、あらゆるトラブルを未然に回避できる「メリット」があります。

話を整理すると、悪影響を受けたくなければ、その原因となるものから離れればいいだけのことです。

それは簡単なことであり、執着を捨てればあなたにも簡単にできてしまいます。

 

 

メールは即日返信します

 

 

 

 

PAGE TOP