励まし なぜ人生は「うまくいかない」のか。その答えを的確に丁寧に納得がいくように説明しましたので読んで損はさせません

真剣の本質

なぜあなたの人生はうまくいかないのか、と考えたことはあるでしょうか。

あらゆる観点から見て理由はあるだろうが、これさえあればうまくいくのだと私は思います。

「真剣」

さあ、この一言を語るには長い時間がかかってしまうのですが、今回の記事では真剣にこのことについて考えていきましょうか。

これは私の考えで、必ずしも万人の同意を得ようとは決して思いません。

しかし、私なりに何万とある言葉の中からもっともしっくりくる言葉はやはり【真剣】です。

ではまずあなたに聞きます。

もしも高校時代に帰れるとしたら、何を夢として目指していきたいですか?

ここまで帰れるとしたら、例え医者であっても宇宙飛行士にもなれます。

なれるというと語弊があるので、目指せるといいなおしましょう。

イメージしてみるだけでも青年に戻った気持ちでワクワクしてくるのではないでしょうか。

看護士、研究家、和食料理人、コピーライター、海外永住、お笑い芸人・・・などなどきりがないので辞めておきます。

やはりこの世に生を受けたからには、何かしら人のためになる功績を残すべきでしょう。

自分のためだけにお金を稼いで自分の欲しいものだけを手に入れて死んでいくのは全然面白くありません。

しかし、そのような人生で終えてしまう人の割合のほうが多いのかもしれません。

では話は数行前に戻りますが、私が投げかけた先ほどの質問の冒頭に【もしも】という言葉があったと思います。

「もしも」は「現実にはあり得ませんが」という意味です。

面白くない人生

現実にはあり得ないことを考えても1円の得にもならないと感じたあなた、それは「正しい」のです。

しかし、人生にとって全然おもしろくない結論です。

お金にならないことを考えるのが無駄であるとしたら、友達とおしゃべりしていること全てがお金にならない会話なのです。

無駄に1時間会話している暇があれば、今回のような【もしも】の世界を渡り歩くのもたまにはいいのではないでしょうか。

もしかすると0円の発想から1円以上のアイデアを生み出す可能性があるかもしれません。

もしも私が高校時代に帰れるとしたら、【平和を実現するコピーライター】になりたいですね。

なぜコピーライターなのかと言うと、21世紀はインターネットの時代です。

世界中の人にインターネットの私のサイトを通じて【文章】という形で精神的安定を与えていきたいのです。

政府を変えようとしても私一人の力だけではどうにもなりません。

であるならば、個人個人の民衆に【直接】勇気を与えていきたいのです。

お金で困っている人、病気で悩んでいる人、人間関係で精神的ショックを受けている人、悩みのない人は1人としていません。

悩んでいる人たち1人1人に直接声をかける時間はないですし、もともと知り合いでもありません。

しかしインターネットを駆使していけば1度に大勢の悩める人たちを励ませます。

そんな【平和を実現するカウンセラー】になりたい。

今を制す者は未来を制す

しかし何か変ですね。

もしも過去に帰れたらの話を今しているのだが、この【励ま師】のサイトはその夢を実現しているのではないでしょうか。

【励ましをインターネットーを通して世界中の人におくる】

このコンセプトで現在進行形で私の夢は進んでいます。

もしもシリーズのテーマから、ずれてしまいました。

つまり、私が何を言いたいのかというと、

【あなたの夢はこれからの未来にもできる可能性がある】

例え高校時代にもっていた夢ができない場合であったとしても、今これからのあなたの人生において成し遂げたいことがあるのではないでしょうか。

夢に向かって進むことほど、素敵でスリルがある人生はないです。

ジェットコースターに乗っているようなゾワッとする感じを体感できます。

ではここで、ようやく今回の記事の冒頭で話した【真剣】につながります。

あなたの夢に向かって真剣に進んでみることをここで提案したい。

あなたはどこに向かいたい?

過去にどんなに何回もうまくいかないことがあったとしても、それはそれで良い。

挫折が他人の影響であったとしても、あなた自身の人であったとしても【過去は1ミリも変えることはできない】

肝心要なことは、真剣にこれからの人生をどうやって良い方向へと変えていくかです。

私事ではあるが、私はこのサイトを通して励ましをおくることが、今の私の生き甲斐です。

毎回の不定期な記事更新で、何かしらの勇気を与えたいと真剣に記事を書いています。

【もしも高校時代に戻れたら平和を実現するカウンセラーになりたい】という夢を、私は現在進行形で叶えています。

「私にできてあなたにできないことはない」とよく聞きますが、まさに今ここでこの言葉を断言します。

私も落ちこぼれの人生をおくってきた凡人です。

はっきりと言えますが何一つとして輝ける功績は残していません。

それが悔しくて悔しくて仕方ないから、この「励ま師」のサイトを勇気を出して書き始めました。

生きている限り、知らない誰かのために、そしてわざわざ読んでくれているあなたのために貢献したです。

そしてあなたも今からできそうな夢は何かと「真剣」にイメージしてみてはいかがでしょうか?。

ワクワクすることに夢をかけてほしいのです。

すぐに飽きてしまいそうなことは夢ではありません。

飽きもしないし、嫌気もささない、それこそ夢と名付けるにふさわしい現実世界です。

今回のまとめは、以下の2行に詰まっています。

 

老いても心が若ければその人の名前は【青年】

年齢が若くても夢のない人、その名は【老人】

 

# 面白くない人生だなとイライラしているあなた

# 飽きやすくて何事も長続きしないあなた

 

メールはこちらをClick

 

PAGE TOP