励まし 世界1多い病気を言えますか?「楽観主義」への道筋を風船がしぼむようにゆっくりと慌てずにイメージするトレーニング

世界1多い病気の答えは記事の最後へ

今日もいいこと書いていますので最後までお読みください。

実は・・・近頃手首を痛めてしまい、整骨院に通院しても改善されないため、整形外科で幹部に注射を打ってもらいました。

そんなところに注射を打ったのは人生で初めての経験でした。

痛いだろうと予想をしつつ身構えていましたが、大したこともなくすみホッとしました。

おかげさまでパソコン入力もスムーズになり満足しています。

怪我、病気の恐ろしさを体感した良い経験となりました。

ケガをしたからこそ健康で生きられる幸せ

今回の怪我で私も健康のありがたみを切実に体感しました。

冷蔵庫のドアを開けたり、部屋のドアノブを回すのさえ激痛でしたから。

現代医学の発展に改めて感謝します。

さてあなたは【四苦】という意味をご存知でしょうか。

【生 老 病 死】この4つを合わせて四苦になります。

 

【生】生きることの苦しみ

【老】老いることの苦しみ

【病】病気になることの苦しみ

【死】死ぬことの苦しみ

 

今回の私のケースは3番目の「病気になることの苦しみ」に当てはまります。

ここでいう病気とは世の中に存在する全ての病気が当てはまります。

医学の発達により世界の平均寿命は伸び続けています。

長生きするものだから癌という病気になる人も世界中で増加傾向にあります。

友人や家族が病気になったと聞けば真っ先に思い浮かべる病気も「癌」、というレベルにまで身近な病気となりました。

あなたはこの4つの苦しみの中でどれが今1番「実感」できますか。

生きていく中でこういった病気のように、さまざまな辛い出来事が発生するでしょう。

私はまさに今日、スマートフォンを玄関で落としてしまい画面がヒビだらけ。

もしあなたも今日の私のように画面がヒビ割れてしまったらどう感じますか?

多くの人は落ち込んでしまいがちです。

しかし、私は今朝この事件の瞬間そのような衝動にかられませんでした。

失敗は確かに失敗です。

すべて私の不注意によって損をしてしまいました。

しかし過去に私自身が、精神的な訓練を行ってきたからこそ、なんのショックも感じませんでした

「あら、割れちゃった」程度です。

人生には【四苦】のような代表とした苦しみが存在します。

その4点にフォーカスできていれば、画面が割れるくらいで微動だにしません。

俗にいう【楽観主義】

あなたの性格が悲観ヒカン主義であると認識しているのであれば、私のように楽観ラッカン主義になるべきです。

訓練すれば誰でもある程度の時間で楽観主義になれます。

楽観主義で人生を満喫したほうが遥かに「お得」。

ささいな悩みでもあると、胸につっかえて気持ち悪く感じませんか?

「胸の奥が苦しい・・・」

あなたも「苦しい悩み」を前から持っているかもしれません。

人に話すとわずかでも楽になります。

私と「病気の悩みの共有」をしましょう。

ささいなことでもトップページにあるお問い合わせから相談してください。

それは、例えば家族から愛されていないと感じた悩みでしょうか。

人間関係かもしれませんね。

それとも収入面のようにお金の悩みでしょうか。

人間の悩みは以下の3種類に当てはまります。

 

1 人間関係

2 お金

3 病気

 

人間関係、お金、病気といったら3種類の悩みが全てない人は「幸せ」です。

ただし、そんな人はあなたの周りに一人もいません。

たとえ金持ちであっても病気で苦しんでいる人は星の数ほどいます。

健康であっても、収入が少ない人はもっとたくさんいます。

では、この3つの苦しみの1つでも持っているあなたはどのような哲学を持って生きていくことが得策なのか。

これから毎日がバーゲンセール

そんなあなたは、「楽観的人生」を意識しましょう。

病気に対して悲観的に生きても、絶対に長生きはしません。

逆に病気が目に見えて悪化します。

科学的にも「笑って生きる」方が長生きすると言ったデータが出ています。

私も同感です。

お金にしろ、病気にしろ、嫌いな人がいるにしろ、それを「真に受けない」ことが楽観的人生です。

突き詰めて言えば、「悩んだところでその問題は無くならない」ということだけは確かです。

自分で自分にショックを与え続けていること自体が、あなたを苦しめている唯一の原因要素です。

落ち込んでも無くならないのであれば、その出来事や病気のことをいつまでもウジウジと考えない

あの人がどうとか考えている時点で、あの人に悪影響を与えられているってい悔しくないですか?

今日も明日も来週も嫌いなあの人にダメージを「与えられている」、「悩まされている」精神状態は捨ててしまってください。

相手はあなたのことなんて1ミリも考えていません。

ただこちら側が一方的にダメージという概念を生み出しているのです。

「あの人がもうちょっと理想的な人になればいいのに・・・」

これに似た感情も無駄な病気です。

あなたが毎日イライラしようとも、相手はお構いなし。

であるならば、その人は「そういう生き物である」と決めつけてしまい、あなた自身がイライラしないことが得策です。

それが楽観的哲学です。

「学校の先生、数学の教え方がヘタくそ!」

それも同じことです。

その教師は長年そのスタイルで指導しており、

「はい、今日から指導方針をガラッと変えます」

とは願ってもなりません。

変わらないのであればあなたがやることはただ1つのみ。

全てを受け入れる

この世はあなたの思い通りに動かないようなシステム設計になっていることを冷静に知ってください。

あなたが病気持ちであれば、それは生きる上であなたが事前になると決まっていた「事柄」です。

「病気が私をダメにしたのよ・・・」

「病気にならなければ素晴らしい人生が待っていたのに・・・」

はっきり言って残念ながら「待っていません」。

健康な体であったとしても、人間関係やお金の悩みが現れています。

その時に、「お金があれば・・・」と言った新たな悩みが必ずでてきているはずです。

何が言いたいのかというと、今の病気があなたの人生の「他の悩み」をも背負ってくれているということです。

お金がない人生であれば、「お金がない」現象自体が他の小さな悩みをも背負ってくれています。

あなたのために重要なことを言っていますから、しっかりと認識してください。

これがイメージできれば、人生を楽に生きることができます。

親がうるさい

うるさいという意識自体を捨てましょう。

もっと言えば、「無視」してください。

明日も来週も「無視」し続けてください。

相手は繰り返し繰り返しいつまでたっても同じことを言ってきます。

サラッと受け流してください

弓矢があなたに飛んできて、体をそらしかわすイメージです。

これは訓練が必要ですが、繰り返せば慣れてきます。

慣れれば習慣になります。

そうすれば意識せずとも勝手に体が動きます。

イライラする原因に対して本気で相手していること自体馬鹿らしい。

とにかく人生に焦っている自分がいたら、ゆっくりと歩いてください。

駆け足では視野が狭まり、足ものに転がる石につまずきます。

慌てない、とにかく慌てない、落ち着いて深呼吸。

そう、今本当にこの記事を前にして深く深呼吸をしてみましょう。

「大きく吸ってー、吐いてー・・・ゆっくりともう1度吸ってー、 吐いてー」

心拍数を冷静値に戻す

人間関係 お金 病気 この3つの悩みを少しづつ消していくことの重要性を話してきましたが、「消す」という作業にあなたの中に納得のいかない感情があれば消すことはできません。

これは微妙なニュアンスであるため、私とそのことについて会話をした方が理解しやすいのですが、できる限り噛み砕いて説明していきます。

「あったものがなくなること」は、「あり得ない」とあなたは思っていますか?

まあ、人間の脳にそう刷り込まれてきたからそれは正常な意識です。

マジシャンがコインを消した時に「驚く」という感情もうなずけます。

あったものがなくなったマジックに対して「あり得ない」という感情を持ち合わせているために、その感動として「驚く」のです。

あり得ないことに人は驚き、その先には感動します。

感動したら、無意識のうちに苦笑いしてしまいます。

苦笑いという行動も脳が違和感を感じたために、苦笑いという「形」で感情表現をしてしまったわけです。

100年前よりも明らかに21世紀は「驚き」が連続する時代となりました。

テレビ番組を1時間も閲覧すれば、1つでも「驚きや感動」を感じるはずです。

「この街でゆるキャラのイベントが開催されているんだ」

「この国の情勢はこんなにもヒドいことになってるんだ」

驚きと感動に出会わない日はありません。

ということは脳も100年前に比べ、ぐるぐるめまぐるしく回転しています。

地球上に住んでいる人間の数が多くなっている時点で、他人と出会う確率も大きくなっています。

おのずと人間関係のすれ違いも発生する確率が増えます。

そう言った世間のスピードに流されつづけているのではなく、あなた自身の両足をしっかりと地面に踏ん張り、自分の意見をしっかりと持ちましょう。

「悩みは無視して消す」

お金がなくても、病気とは無縁の健康な毎日が送れていますよね。

その「できていること」をあなたの「中心」において広大な大地を踏みしめてください。

いいですか、健康で生きられていることがあなたの今の「軸」です。

お金がないことを軸にしてしまうから、胸のつっかえが取れないモヤモヤした毎日を送らなければ

ならない現状に陥ってしまうのです。

お金がないからお金を稼ごうというスタンスに持っていく前に意識すべき順序があります。

2段とばしで階段を登ろうとしては、必ず「つまづく」ように人生は設計されています。

慌てない、慌てない、一休み、一休み・・・。

悩みの内容をしっかりと「まとめ」ましょう。

 

1 》 その悩みは時間をかけて消しても良いものですよね。

2 》 その悩みはあなたが勝手のイライラしているだけですよね。

3 》 その悩みは冷静に考え直せば悩むこともないレベルですよね。

4 》 その悩みはあなたのイメージで消すこともできたりしますよね

5 》 その悩みは過去に起こったあの悩みに比べれば大したことないですよね

 

こう言ったまとめにより、少し心のモヤモヤが解消されたことに気づきましたか?

さっきから繰り返し取り上げている

 

  • お金
  • 人間関係
  • 病気

 

あなたの本来持っている人間的生命力がブワッと出てきたことにより、悩みの風船が少ししぼんできました。

とにかく慌てないでゆっくりとその風船をしぼませてください。

空気が抜かれていくのがわかると思います。

スーッと徐々に悩みが「消えていく」イメージで風船を小さくしていきます。

実際に小さく小さくなっているのが私にも見えます。

針で割るのではなく、慌てずに空気を抜いていくイメージです。

割ってしまえば、その反動で新たな悩みのタネが生まれます。

割らなくても、ほらもうこんなに見えないくらいに小さくなりました。

消えて無くなります。

消えて無くなります。

イメージが大切です。

まもなく消えて無くなります。

最後の段階はあなた自身が責任を持って消してください。

よければ、消えたら私まで教えてくれますか?

 

※ 記事タイトルの答え   「虫歯」

 

# 歯医者に行く勇気がないあなた

# 病気もちで楽観主義の生き方がわからないあなた

 

相談はここをClick

 

PAGE TOP