励まし 人間関係を円滑に進めるたった1つの自己投影スキル

社内スキルアップ

上司が「あーだこーだ」うるっさいと思っていませんか?

「部下が満足のいく仕事ができない」

「もうこんなにイライラする毎日を送りたくない」

そんなふうに考えているあなた。

もう今回の記事を読めば、その問題も解決します。

社内が円滑に進んでいく、「最高のメリット」を教えます。

わずかな時間だけお付き合いいただければ、損はさせません。

何事も「知る」ことが大切であると私は思っています。

今回の記事があなたの未来を良くする確率は90%。

私も真剣にあなたへ手紙をつづる思いで書きました。

肩の力を抜いて、フラットな目線で読み進めてくれるとスッと心に落ち着きます。

それではいってみましょう。

自己投影で見えなかったものが見えてくる

まずは心を落ち着けて、人間関係で悪影響を受けている人の「立場」に立って、物事を深くみてみましょう。

相手が欲しいもの、それを相手に与えれば、相手があなたに対して「うるさい愚痴」は言ってきません。

例えば、上司が相手であった場合、あなたには「ノーミスで1日の業務をこなして欲しい」と上司は願っています。

ではノーミスであなたが働くために、「何をすべき」かを真剣に考えてみてください。

それを1つ1つ丁寧に実行していけば、人間関係は円滑に進みます。

そして、「報告」を1日に定期的に行うことも上司を安心させることができます。

上司はあなたに与えられた仕事がどの程度進んでいるかを常に心配しています。

あなたの失敗の「尻拭いをしなければならない」のはあなたではなく上司であるから。

丁寧すぎるくらいがちょうどいい

仮に数時間おきに

「今日取り掛かっているこの案件は今ここまで進んでいます。この点についてアドバイスをいただければと思います。わかりました、何時までには終わらせることができますので、終わり次第すぐに報告します。」

こう部下であるあなたから報告を受けたら、上司も文句が出ないでしょう。

先手を打って相手の「心配事を減らす努力」をすること。

つまり、「自己投影」スキルが重要だということです。

自己投影とは相手の立場に立ったつもりで物事を深く考えること。

相手が部下であった場合も自己投影をし、相手の立場に立って物事を考えてみてください。

部下は質問したくても、しずらくて立ち往生しているかもしれません。


「ここのこの部分、難しいところだから、こういうふうにしておくとスムーズに進むよ。

分からない時はその都度俺に聞いて解決してから進めよう。

その方が1日でより多くの仕事をこなすことができるからね。」


このように、1日の始めの段階で言っておくだけで、部下は遠慮なくあなたに質問をしてきます。

信頼感が増し、恐怖感が減ると人は話しかけて来るようになっています。

ただ質問をされるということは、あなたの時間を奪われることにもなります。

しかし、その2倍の時間的成果として部下は「素晴らしく円滑な仕事」をこなしてくれます。

何よりもまずはあなたが部下を「心から信頼」してください。

せっかく一緒に働いている「縁」のある人間なのですから。

私は2種類の例題をあげましたが、どんな立場であれ「自己投影力」を身につけていくことが、あなたのストレスを少なくするコツだと知ってくださいね。

明日からこのことを意識して、新たな気持ちで仕事に励んでみてください。

常に相手は何が欲しいのかということを、心落ち着けじっくりと考えることです。

人は欲しいものさえ手に入れば、おとなしい生き物。

ランチを食べるときと似ています。

食べたい物を食べていること自体が、人間の欲求を満たしてくれています。

私も外食をして1口1口味わって食べることに、すごく幸せを感じます。

そんな時こそ幸福感が体じゅうを覆っています。

でも夜になると、再びお腹が「グー」となってきます。

だからまた幸福感を求め、外食であったり、スーパーでおかずを買うわけです。

これと同じように、上司にしろ部下にしろ、今日も明日も明後日も目の前にいる相手の幸福感を、満たしていき続けなければなりません。

しかし数週間もそのことを繰り返していけば、いずれあなたに文句を言って来る人は0になるでしょう。

なぜかって?

あなたと相手の間に「信頼」が芽生えるから。

「あいつの仕事は毎日しっかりとできているから心配ないな」

つまりこれが「信頼」。

信頼なくして一緒に働いていても、面白くもなんともありません。

あなたもカッコよく信頼されたい?

信頼とは「人間性」」を認めてもらえたのです。

認めてもらえる段階まで、あなたは自己投影能力を大いに発揮し、「信頼を勝ち取って」ください。

もし相手の立場に立つということがイマイチ理解できないのであれば、メールに悩みを書いて私まで送信してください。

あなたが予想もしていなかった、的確なアドバイスを差し上げます。

仕事といっても、結局は人間が多く集まって多くの案件を成功させることに尽きます。

その対価としてお金をもらっている以上、あなたは1つでもミスを無くさなくてはなりません。

いつまでも同じ失敗を繰り返しているのであれば、そこに同僚からの「信頼」は生まれません。

同僚もプロジェクトを成功させるため、必死で働いています。

あなたがより良い成果を出すためには、同僚の力も必要。

仲間の能力が伸びれば、その分自分も楽になります。

1日に「5」しかできなかった人が、あなたの手助けにより「7」できるようになったとしましょう。

増えた「2」の時間分、その人はプラスして「2」の時間でできることをプラスします。

その時間にはあなたがその日にしなければならなかった仕事も、含まれています。

ということは、通常より早く帰ることができるようになる。

1歩踏み込んで、相手をも包み込めるような広い視野で働くことが、回り回ってあなたのメリットとなるのです。

そして今まで見えなかったものが「見える」ようになります。

相手の今まで知らなかった良さであったり、自分の新たな思考の仕方であったり、仕事の時間を短縮するスキルであるかもしれません。

その瞬間に見えたものがあなたの武器になると私は思います。

アプリゲームでもそうだ

スタートした頃の主人公《あなたと置き換えてください》は、棍棒と布の服しか装備がなかったわけです。

いろんなことを学び経験値が上がったあなたは、銀の斧と銅の鎧を身につけることに成功。

さらにレベルを上げていき、金の剣とクリスタルの鎧を手にいれることができました。

このように、世の中でもあなた自身の人間力のレベルがアップしていくことが、周りの人をも変えていく力となっていきます。

慌てず騒がずに1つ1つの仕事を丁寧にこなしていってください。

人間は信頼がなくなればただの人です。

建設は死闘であり、破壊は一瞬。

人間関係は難しいものではなく、シンプルなものです。

毎日やるべきことに1つだけプラスして手間を加えていけば、1ヶ月間で30もの「プラス」が追加されます。

大きな問題を大きなものとして見るのではなく、3つか4つに小分けして考えてみましょう。

分けた1つのことが解決することができれば、それを元として残りの3つの問題もあっさり解決することはあり得ます。

1つの食材にオリーブオイルをかけると美味しい。

2つ目3つ目の食材にも合うことに気づいたみたいなニュアンスです。

「この問題は難しい」

誰かがそう言ってしまえば周りの同僚も「難しい」をスタートにして考え出す傾向にあります。

あなたが率先して

「簡単に考えよう」

こう助言すればチーム全体も柔軟な考えで仕事が進み出します。

その結果早く解決し終えることが可能となるでしょう。

家事にしても遊びにしても、とにかく難しく考えないようにする癖をつけた方が楽です。

当たって砕けろくらいの精神で立ち向かった方が、良い仕事がこなせます。

何事も勢いと団結が肝心。

悩んだら私にアドバイスを求めてください。

速攻でお答えするシステムを採用しています。

「話だけでも聞いて欲しい」とのメールでもかまいません。

速攻で「返信アドバイス」をします。

 

#  社内で自分だけ浮いていると悩んでしまうあなた

# 懸命に働いているけど失敗失敗また失敗してしまうあなた

# 周りに変な人ばかりいるのが気にくわないあなた

 

メール相談はここをクリック

 

PAGE TOP