励まし 1日1食にするとバリバリ仕事がはかどり、頭がキレキレになることを私の実体験から語る

1日1食のすすめ

今回の記事は私の体験談も通してお伝えしますので、信頼性が増すと思います。

まず根本的に、1日において貴重な1食を朝昼晩のどのタイミングに食べるのがベストであるか。

答えは「夕食」です。

理由としては、人はほぼ100%の確率で食事をした後に眠気が襲ってきます。

朝か昼に食べたとしたら、そのあとの仕事のパフォーマンスがガタ落ち。

消化作用に体力が使われ、思考が敏感に機能しなくなるからです。

つまり、脳を活性化させるパワーがない状態だと言えます。

もしも嘘だと思ったなら、試しに明日の「朝ごはんを飲み物だけ」にして出勤してみてください。

仮にあなたが出勤しない専業主婦であっても、同じように試してください。

空腹であれば、第一に体感として「身が軽く」なります。

飲み物だけの朝食にし出勤じや通学時に、ジャンプやウォーキングをしてみれば一目瞭然。

内臓が空っぽですから、スムーズに体が動いてくれます。

「空腹の概念」とは、今までと違いお腹の中に重りを乗せていないイメージです。

すると仕事も以前に比べ、サクサクと進みます。

ではここであなたに問いかけます。

あなたは朝6時から9時に起床すると思いますが、寝起きってお腹減ってますか?

長い時間睡眠状態だった人間が起きてすぐに

「ハラヘッタ、食べたい、今すぐ食べたい!」

このような感情が生まれてくるでしょうか。

体自身は寝起きの段階では、ゆっくりと1日の行動に耐えられる「準備」をしています。

スポーツをする前に柔軟体操をするようなイメージ。

体温の冷えた体が準備している最中に、口からポンポン食べ物を入れられたら、たまったものではありません。

朝一からどんどん

「働け働け」

それではかわいそうです。

自分の体をいたわってあげてください。

体は仕方なく消化作業をしますが、本心ではないことを知ってください。

起きてすぐの時間の過ごし方

寝起きから数時間は排泄の時間です。

前日入ってきた食べ物を便に変えて出すことに専念しましょう。

ですので、飲み物であればいくら飲んでもかまいません。

とにかく固形物を口から入れないように注意してください。

飴であれば固形物ではありませんので、1つ食べて気を紛らわせるには効果的。

さてあなたは体の軽い状態で、会社に到着しました。

すると、午前中の仕事や勉強がはかどるはかどる。

ついつい午後の仕事までしちゃうかも。

さあ、ランチの時間がやってきました。

始めの1週間は昼夜の2食でもいいです。

慣れてきたパターンとしてこの先の記事を書きます。

ランチに他の皆が出かけて行きます。

しかし、あなたは夕飯もしくは晩御飯のみの1食生活をしているので、ランチには行きません。

慣れてくると12時になっても空腹感が湧いてこなくなります。

慣れないうちは、お菓子やジュースで気を紛らわせましょう。

かといってバクバクお菓子を食べてはいけません。

少々で済ませることが基本です。

可能であれば、昼もお茶やジュースだけで済ませてください。

シンプル イズ ベスト!

さあ、午後の仕事や勉強も空腹のためバシバシはかどります。

矛盾していると感じるかもしれませんが事実です。

午後に空腹感が攻めてきますが、空腹を感じた時は多めに水分を補給してあげましょう。

空腹であればあるほど、人間は頭が冴え、勉強がはかどります。

さあ1日も終わり仕事も学校も終わり、帰宅の途につきます。

帰れば家族が美味しい夕飯を作って待っていてくれます。

それを楽しみに空腹を乗り切りましょう。

夕食は満足するまで堪能しましょう。

「あれ?」

思ったよりも食べれないあなたがそこにいるはず。

「不思議、あんなにお腹が減っていたのに、1食分でもう満腹・・・」

空腹であっても予想以上に口に入りません。

その理由は、通常3食食べていた人生が「食べ過ぎ」であったのです。

はるか昔、あなたの先祖を遠くさかのぼると獲物を捕って生きていた時代がありました。

その日暮らし・・・獲物が捕れない日は当然1日0食。

捕れた時だけ、食べれるだけ食べました。

そして次の日に備えているそんな過酷な時代でした。

3食になったのは、長い歴史から見るとついこの間ぐらいな最近。

戦後すぐであっても3食食べられる家庭はあまりありません。

戦後、貧しい家庭は1食の家族も多くいたことでしょう。

と言うことは、たった50年前から始まった1日3食生活。

よく考えると、まさについこの頃。

21世紀に生きているあなたは生まれた頃からすでに、飽食である1日3食の時代に突入していました。

ですので、今の若者が50年後に長生きしている保証はあり得ません。

今の時点でも高齢者は戦中、戦後の1食、2食時代を経験し、内臓に負担のない青年時代を送ってきました。

しかも栄養の高い和食を毎日欠かさず満喫しています。

和食パワーは世界1健康な食事だと言う声もあります。

今の若者は欧米化したファーストフードを平気で食べ、欧米人のような食生活に慣れてしまっています。

明らかに健康面での勝敗は付いています。

食べたものであなたの体は形成され、動く活力を得ています。

それほどメニューは人間の人生にとって最重要な存在です。

ここまで1日1食のメリットをザッと説明しました。

あなたも1日1食ライフを堪能してみてはいかがでしょうか?

例えば、タレントや歌手といった有名人で1食生活を継続している人は意外に多いのです。

インターネット上で調べればすぐに名前がザザッと閲覧できますので探してみてください。

1食生活を堪能している人たちの顔をテレビ番組で拝見すると50代60代の年齢にもかかわらず、「若すぎる」くらいの印象を受けます。

10歳差し引いてちょうどいいくらいのシワのなさ。

内臓に負担がかからない分、外面にも負荷がかからないのだと思います。

空腹時に若返りのサーチュイン遺伝子が働くという実験結果も発表されています。

遺伝子が働くことは、私も理にかなった結果だと思います。

人間でもそうではないですか。

長年にわたり、働きづめで働きすぎた人は同年代よりも老けた顔になります。

同窓会でも一目瞭然。

内臓も極力、働かせすぎないように気を使ってあげれば、あなたが将来40代50代になっても顔に張りが保たれ、たるみやシワの軽減に繋がることが期待できます。

空腹を軽減する方法としては「運動」が効果的です。

私も実証済みですので信頼してください。

その場で駈歩するだけでも空腹を少し軽減できます。

あなたがスポーツをしているなら理解できると思いますが、バレーボールや卓球や野球のように激しいスポーツの直後に空腹を感じるでしょうか。

私は食べたくもないです。

あくまでも予想ですが、内臓も体を動かすということに全力で神経を集中させているために、空腹というセンサーを後回しにしている状態だと思います。

つまりは、その場で駆け足することにより、意識を運動の方向へ向けさせることで空腹イメージを一旦忘れさせてしまうのです。

その他にも空腹がうつ病や皮膚病も改善できると信じます。

もしそんな体験談があればメールをください。

1日1食仲間を作りたい

世界中の70億人が1日1食の生活を送れば、100%飢餓を撲滅することができます。

70億人全員の食費も毎日数百円浮くことになります。

実質、毎日お小遣いをもらえているのと同じことです。

1日1食ライフはあなたにあらゆる面から良い結果ばかりを運んでくれます。

味方になってくれる強い仲間。

ただし、徐々に慣らしていく程度にしてください。

急に最初の1日目から1食にするとストレスで長続きができないでしょう。

何事も焦っては失敗の元。

始めの1ヶ月間は2食を継続し、自信が持てるようになった頃を見計らいあなた自身で判断してください。

最終的には1食にすることがゴールです。

ただ、どうしても体質的に実現不可能であると判断した時は、1.5食をゴール地点に定めましょう。

3食食べていた人間が半分に減らすことができたこと自体奇跡。

内臓の1日あたりの平均活動量も50%OFFです。

内臓がは足らなくて良い分、脳に活力を集中させます。

どんどん仕事がはかどり、学生であれば勉強の暗記力も格段にアップ。

あなたも明日から勇気を持って実践しましょう。

あなたの明日を新しく!

 

1日1食のコツを聞きたい

 

PAGE TOP