Yahoo 励まし 現実世界で「いいね」して「フォロー」され「フォロワー」がどんどん増えるとどうなるか。その先に世界平和が幸せな家庭が見つかった

繰り返し言い続ける

あなたが達成したい夢はなんですか?

私は「世界平和」が人生の夢です。

どんな高級なものを手に入れることよりも「世界平和」が1番欲しいです。

欲しくて欲しくてたまりません。

手に入るならどんなことでも努力します。

その努力の1つの方向としてこの「サイト運営」をしています。

まさしく「世界平和への努力」とはっきりと言い切れます。

あなたも世界が平和になればいいな、と思っているならできることから「努力」してみましょう。

1番簡単な貢献は「コンビニのレジに置いてある募金箱に小銭を入れる」ことです。

「29円のお返しです」と店員さんに渡された小銭を全て入れてしまいましょう。

112円のお返しであれば100円だまだけ財布にしまい、12円を募金箱に入れてあげましょう。

それはものすごい世界平和への貢献です。

だって募金箱に入れているお客さんを見たことありますか。

ほとんどの人たちはそのまま自分の財布にさっと入れてしまっています。

募金をするのも根底には「勇気」が必要です。

私もときおりレジで募金をします。

その額がどうこういうのではありません。

その行為をできたプロセスがものすごく大切になります。

募金した「12円」で海外の子供の一人にパンを1つ差し上げることができます。

12円でパンが買えるということではありません。

その12円と他の人の数十円が合わさり、1つのパンとして100%、ある子供の命を救うことができます。

あなたの勇気の一歩で世界をよりよく拡大してください。

さて、他に世界貢献できることはないでしょうか。

探してみるとお金だけではないことに気づきます。

「人」

人が困っている時に「手を貸してあげる」ことはレジで募金をすることぐらい世界平和に努力していることになります。

この「努力」にはお金がかかりません。

しかし確実に貢献していくことが可能です。

「同僚で仕事の仕方に悩んでいる人がいたらアドバイスをして助けてあげる」

「学校でいじめを発見したら担任の先生に報告する」

どんなことでもかまいません。

先ほどの募金と同じく、「実行する」ことで誰かが助かります。

相手に向かって「いいね」をクリックしましょう。

「フォロー」して助けてあげましょう。

回数としては1日に1度クリックする程度で十分です。

2度でももちろんかまいません。

3度はしなくても良いです。

良いことであっても「しすぎる」ことで満足感を得てしまい、次に日は0回になってしまいます。

それならば、1日に1度を確実に毎日毎週していったほうがより多くの「いいね」をクリックすることになります。

この「いいね」はもれなく、いいことをしてあげた相手から「いいね」をしてもらえます。

当たり前ですよね。

誰かにいいことをしてあげたら、その人から見たあなたは「いい人」であると認識されます。

その認識が「いいね」してもらったことになります。

あなたの「フォロワー」がどんどんドンドン増えていきます。

本当に「いいね」と声をかけてあげるだけでもいいです。

「その仕事内容よくできてるね」

「部活の練習でのシュート良かったよ」

このように「いいね」と文字通り褒めてあげることです。

人は「褒められる」と快感を感じます。

「数学で90点取ったの、偉いねー」

と親から褒められたらつい嬉しくなりますよね。

褒められて嫌な人は絶対にいません。

1日1回誰かを褒めて「いいね」で「フォロー」してあげましょう。

こう考えると「募金や優しさで世界平和に貢献できる」と理解できたはずです。

コツは難しく考えないこと

サッサと「いいね」をしてしまうことです。

世の中の皆がお互いに「いいね」し合ったらどんなに素晴らしい地球となることでしょう。

この哲学を世界に広めたいと私は真剣に願っています。

全然難しくないことだから、実行できるのです。

「チリも積もれば山となる」

お互いの「フォロワー」が増えると世界はどうなるのでしょうか。

優しくされたことはいつまでも忘れません。

何年経っても覚えています。

その優しさの連鎖でお互いの信頼感が強まります。

あなたが友人に優しく「いいね」をする。

そのされた友人も嬉しくてつい新たな友人に「いいね」をする。

その友人も・・・

こん鎖で繋がれた、「良き連鎖」を会社に学校に住んでいる街に拡散しましょう。

その過程において「幸せの灯」がポツポツとついていきます。

するとどういった景色だ現れるのかというと、山の上から見た「夜景」のように街中に明かりがともります。

あちらで「いいね」

こちらで「いいね」

あなたも「いいね」

わたしも「いいね」

そんな小さな光が世界中にともるとどこから見えますか。

宇宙からです。

宇宙から「地球の夜景」をイメージしてください。

すごく素敵な夜景です。

その星には戦争は100%存在しません。

貧しくとも笑いが絶えない家庭があちらこちらで見られます。

高価なプレゼントなんて欲しがりません。

健康に学べ、健康に働ける、それそのものが「幸せ」です。

幸せという漢字から横線をたった1つだけなくすと「辛《つら》い」という漢字になるのをご存知ですか?

その『一』という1つを辛い人に差し上げてください。

この世で1番小さい個数であるたった1つのものを差し上げるだけで、「幸《しあわ》せ」に変化します。

その1つは「1いいね」です。

二人にあげれば「2いいね」です。

「1いいね」は幸せを1つ生み出しました。

「2いいね」は幸せを2つ誕生させました。

それもあなたの生命に埋もれてしまっている「勇気」を湧き立たせることから始まります。

あなたの人生で無限に平和の世界を広げることは可能です。

できることから、チャレンジを。

できないあなたであってはなりません。

現実世界で「目に見える感動」を手に入れましょう。

パソコンの中だけの「いいね」をクリックしても現実世界は何1つ進化しません。

今、あなたの隣にいる人から「褒めて」みましょう。

そしてその人の苦笑いを見てください。

「勇気」をもらって自信を持った友が隣にいます。

勇気を貰えば、その勇気が周りに拡散します。

池に投げた石を中心に波紋がゆっくりと広がるイメージで。

今、あなたは幸せ?

そう言い切れない自分がそこに立っているなら、人のために薪で火をともしましょう。

すると自然に自分の前も明るくなります。

当たり前ですけど、それは体験しないことには実感できません。

実感して感動がなければ、次の人にもこの喜びを広げようと勇気が湧きません。

まずは、帰りのコンビニからスタートしてみると「いいね」。

・・・・・・・・チャリーン

 

ココに「いいね」

 

PAGE TOP