肩こりを根こそぎ取り除く新感覚手法! その名もタッチフー

新技その名もタッチフー

★   「胸が苦しい」という、イライラとする悩みをお持ちのあなたに贈ります。

 

それでは忙しいあなたへ、肩こりの改善方法を優しく丁寧に教えます。

数分間で読み終えることができるので、少し時間を投資してください。

時間の投資は0円です。

そして苦しいと感じた時に実践して「心を楽にして」ください。

そうすればあれもこれも、人生がリズミカルに回り出します。

そう理解してください。

決してあなた個人だけで浮かび上がる感情ではありませんので安心してください。

自信を持って大丈夫です。

さて、まずは胸に手のひらを軽く当ててみてください。

これだけでもじわーっとイライラが収まると思います。

さあ実際に今胸に手を当ててみましょう。

ギュッと押し付けては効果がありません。

押し付けられた胸は防御体制に入ります。

そういったときにはさらにストレスを、たまらせてしまうことになります。

まさに、触れているかいないかぐらいの軽さが1番効果的です。

1分間そのことのみに意識を集中させ、心を落ち着かせてみてください。

慣れてきたら、次に深呼吸をします。

思い切って深呼吸をしてみましょう。

はじめに鼻からスーーーっとじわじわ空気を吸い込んでください。

そして次にハーーーーっとストレスを吐き出してください。

吐き出すというイメージが大切です。

吐くときは鼻からでも口からでもどちらでも良いです。

どちらも試してみて、より一層スッキリする方を実践してください。

私は鼻から出した方がスッキリするタイプです。

タバコの煙を鼻からフーーーンっと出すイメージを意識してみましょう。

白い煙があなたの顔の先に広がる感じです。

口から吐き出した方が感情が落ちつくのであればそうしてください。

まさにため息を口でつくイメージでハーーーっと声に出してみましょう。

心がジワッと落ち着くのが実感できたはずです。

その実感を心いくまで何度でも体験してみましょう。

心がストレスから解き放たれていくのがわかりますか。

胸に手を軽く当てなくても、ただ単に深呼吸だけでもストレスは発散されます。

しかし、それでは効果が弱まり面白くありません。

どうせ毎日あなたが時間をとって実践するのであれば、胸に手を当てて深く深呼吸をする方がお得です。

1円のお金もかけずに嫌な感情を消すことができる素晴らしい健康法です。

友達や同僚に教えてあげてもいいですよね。

周りで働いている人の感情が落ち着けば、職場自体が昨日よりも円滑に回り出します。

その恩恵として、あなたに害を加える原因を1つ断つことができます。

すると、あなたのストレスも減り「よりスピード感のある仕事」をこなすことができるようになります。

そして、早く家に帰れるメリットが生まれます。

会社を1歩出てからのプライベートな時間が増え、したいことをする時間が増えます。

すると1日のストレスを発散する時間が増え、心地よい眠りにつくことができます。

次の日にまでその日の嫌な感情は繰り越さないようにしていくことを、心がけましょう。

その日のことはその日のうちに完結させる。

それが人生をスムーズに進めるコツです。

『タッチフー』1日中どの時間でも実践可能です。

場所も時間も選びません。

だからこそ

「ちょっとリズムがおかしいな」と感じたときは間髪を入れずにタッチフーでリズム感を取り戻してください。

しないで時間が経過すると次々と負の感情が襲ってきます。

その都度積もっていく感情はだんだんと重くなり

「もうこの重さは持てない」という重さになったときに人はプツンと気持ちが切れてしまいます。

 


1日のタッチフー スケジュール

1 寝起きすぐに布団の中でタッチフー

2 出勤通学前にタッチフー

3 車を運転する前にタッチフー

4 会社学校について椅子に座ってタッチフー

5 午前中イライラしそうな前にタッチフー

6 昼休みにタッチフーしてからランチ

7 午後の仕事授業前にタッチフー

8 業務中にリズムが崩れそうな前にタッチフー

9 帰宅してタッチフー

10 布団に入ってタッチフー


上記のように、大まかにタイムスケジュールを作成しました。

1日に10クール以上実践するとトラブルのないスムーズな1日を過ごすことができるでしょう。

さてここからはタッチフー応用編を伝授します。

ここまでザッと説明してきた内容は精神的作用に効果がある方法でした。

しかしそれだけにとどまらないのがタッチフーのスゴイところです。

精神の「鏡」は肉体

タッチフーは万能であり、あなたの体に痛みが走るところを瞬時に緩和する秘めた力を持っています。

上から順に頭、首、肩、腰、足・・・と全てに絶大な緩和効果を発揮します。

やり方は冒頭から述べてきた実践マニュアルと全く同じ。

痛む箇所を優しく包むように軽ーーーく触れ、大きく深呼吸を繰り返すのみです。

するとジワーーーっと徐々に痛みが取れていくように感じるはず。

今この記事を読んでいるあなたも、その場ですぐに実践してみてください。

肩がジンジンと痛みますか?

そうであれば、腕を軽く回してみてください。

痛む箇所がより鮮明に理解できるはず。

次にそのポイントを反対の指もしくは反対の手のひらで軽く触れてみましょう。

触れたまま、先ほどと同じく腕を回してください。

「あれ? ん? え? なぜ?」

そう、痛みが瞬間で緩和していますよね?

そのことを実感できていますか。

では腕を回すのをやめ、心を落ち着けて触れたまま、ゆっくりと大きく深呼吸を繰り返します。

「スーハースーハー・・・」

はい、触れている反対側の手を離します。

さて痛みは緩和しているでしょうか。

1分前よりも半減していれば、充分です。

残りの半分の痛みは毎日繰り返すことにより、確実に減少していきます。

そのうちに痛いことさえも、脳が忘れていくことでしょう。

 

以上でタッチフー講義は終了です。

ものすごく簡単でしたね。

頭、腰、足、どこであってもやり方は全く同じです。

コツは強く押し付けないこと。

筋肉がへこむくらい押し付けてしまうと、筋肉自体の気持ちもへこんでしまいます。

すると、拒絶反応を起こし、痛みを緩和することに集中できなくなります。

もちろん、その結果筋肉は痛いままです。

触れているかいないか認識しづらいくらいのタッチで筋肉の持っている自然治癒力にアプローチし、あなた自身の深い呼吸で痛みを散らす作業です。

自分自身にも負荷を与えずに、0円でこれだけ即効性ある方法は他にはありません。

それはタッチフーの最大の魅力です。

もっと細かくコツを知りたい人は私宛にメールをください。

タッチフーを人類史上初めて編み出した創始者が個別指導をやります。

今後もこの素晴らしいノウハウは世界中に広まっていきます。

その最大のメリットはお金もいらず、場所も選ばない点にあります。

人は面倒なことを拒絶する癖を生まれながらに持っています。

であれば、面倒さえ感じる暇のないほど簡単な手法でなければ世界中に広まらないと強く感じました。

そこで私は真剣い方法を考えタッチフーを編み出しました。

名称も短くしかも1回聞けば暗記できる親しみやすいものを意識して開発しました。

名前がそのまま手技方法を説明しているという点でも素晴らしいネーミングセンスだと自負しています。

タッチフーが編み出された経緯は、ある日頭を家の中でぶつけてしまったことからです。

『イッター』と愚痴をこぼしながら、手で頭を無意識のうちにさすっていました。

すると触れている数秒間は痛みが軽減することに気づきました。

そのあと再び手を離すとまた元の痛みが現れ、不快に感じました。

さらにまた痛い頭を触れると軽減します。

この時瞬時に思い出したのが、母親が子供の頭を撫でてあげる行為でした。

「痛かったねー」と言いながら子供がぶつけた頭をナデナデしてあげます。

その仕草はおそらく人類が本来持ち合わせてDNAにインプットされていたものだと思います。

だからこそ、誰からも教わることなく撫でるというパフォーマンスを無意識にしているのではないでしょうか。

このように「頭をぶつけた」経緯からタッチフーは突然この世に誕生しました。

有料級の内容のため、当初はこのサイトで有料情報販売をしようかと思っていました。

しかし、それでは広めることをあえて止めてしまうと感じたため、無料記事の中で今回このようにお披露目する運びとなりました。

心の痛み、体の痛み、双方に効果を発揮するノウハウはこの世に幾つ存在するでしょうか。

精神科に行ってもウツ病は改善しません。

なぜか考えたことありますか。

答えはものすごく単純明快。

あなたの手で生み出した病気において、根本的消滅に至る過程はあなたにしか達成できないからです。

他人の医者、そして工場で作られたような薬に治す力はありません。

今、ものすごく重要なことをあなたに私が語っていますので、しっかりと忘れないように聞いてくださいね。

あなたが今抱いている負の感情を、タッチフーで改善することは間違いありません。

これは私が保証します。

ただしその根の部分、つまりはあなたが生まれながらに持っている宿命的要素は、あなたの考え方1つで根から断ち切ることができます。

根から断ち切ることで、これから素敵に満ちた毎日を謳歌することができます

想像しただけで心臓がドキドキワクワクしてきませんか。

私は毎日がワクワクの連続です。

なぜなら辛いことがあっても、それ自体を全て受け入れることができるからです。

その事そのものに「意味」を見出すことができれば納得できます。

スッとストレスが発散されます。

もう快感の連続です。

どうせ同じ今世を生き続けなければならないのです。

であるならば、損したくないですよね?

どんなことも「徳」したいと思いますよね。

ならば、根っこからあなたの宿命をくつがえしませんか。

悩みを悩みとも位置付けない最高の生き方です。

心をゆっくりと確実に整え、バージョンアップしましょう。

その方法を知りたいのであれば、メールにてご相談ください。

時は流れて止まることを知りません。

あなた自身も過去のままでは新しい時代に適応できませんよ。

 

ここをタッチフー!

 

 

PAGE TOP