Yahoo 励まし この欲求に飲まれてしまえばまた悔いてしまうのにまたやってしまう。かしこくトラブル回避できた方が今の7倍幸せになれる

時間は未来から過去に流れる

過去に過ちを犯してしまったことはありませんか?

例えば

「衝動的にしなくてもいい借金をしてしまった」

「車で接触事故を起こしてしまった」

「余計な一言を言ってしまった」

こういったことは日常茶飯事であると思います。

しかし、過去にタイムスリップして過去のトラブルを回避することはできません。

ならば、2度同じ「過ちを犯さない」あなたになるしかないのです。

そう変わることにより、これからの未来を安心して歩むことができるでしょう。

そしてあなたが「変わること」が過去へタイムスリップして「トラブルを回避する」ことにつながります。

なぜか?

あなた迎えるであろう明日は、仮に2日後から見れば1日過去になっています。

明日という日もあっという間に過去へと過ぎ去ります。

明日は今の所は「未来」であるのですが、2日後から見れば昨日となります。

つまり、1日1日を丁寧に生きることは、「過去にタイムスリップ」してトラブルを「未然に」回避することと同じ。

少し冷静に考えれば当たり前のことですが、その大事さが皆さん理解できていません。

過去を嘆いた経験があるのなら、「過去の失敗」から学ぶことが未来を決定づけます。

それをしない人は再び全回と同じ失敗を繰り返します。

「ああ、またやってしまった!」

反省をしないからまたこういうことになってしまいます。

「もう一生、今回と同じ失敗は繰り返さない!」

そう強く決意できるかどうかで、今後の人生が大きく開けてきます。

2度あることは4度ある

1流の人間はそこの点を強く意識します。

欲求を抑えるすべを知っているからです。

2流の人間は怠け癖が何年経とうが抜け切れません。

その代償として2度、3度、4度と「同じ過ち」を繰り返してしまいます。

これは訓練すれば意思の弱いあなたであってもできるようになります。

肝心なことはイメージをすること。

「この欲求に飲まれてしまえばまた悔いてしまう」

こう何度も間違った未来をしっかりとイメージしてください。

過去のあの時に感じた胸が詰まるような嫌な感じをイメージしましょう。

苦い過去を思い出すことは屈辱であるかもしれません。

忘れたい、捨て去りたい、逃げてしまいたい!と感じれば感じるほど、繰り返しては絶対にダメ。

繰り返さない対策として、苦い経験をイメージしましょう。

辛い経験で得たの気持ち悪い感情が未来のあなたを救ってくれます。

例えば、仮にあなたが自転車か車を運転中に物損事故を起こしてしまったとします。

その原因は「ながら運転」「考え事」「よそ見」など必ずその「原因」があったはず。

原因を徹底的に追求し、その原因を切ってしまえば物損事故は2度と起こりません。

しかし、欲求が先に立ってしまい、「ながら運転」「考え事」「よそ見」をしながら運転をしてしまえば2度目の事故を起こす確率は大きくアップします。

徹底的に原因をなくす努力をあなた自身にかしてください。

何度も言いますが、同じ過ちを繰り返す人間は2流の人間。

2流人間に成功の人生は約束されません。

あなたが死ぬまで、1日1日が人間的成長の「修行」の日々です。

何事も修行を繰り返した先に、「できなかったことができる」ようになります。

それはどんなジャンルの仕事、習い事、遊びにおいても100%断言できることです。

「できなかったことができる」ようになった時の快感はあなたも感じたことはあるはず。

「卵焼きがうまく巻けた」

「パソコンのブラインドタッチができた」

「カラオケで高いキーが出せた」

どんな些細なことでもいいのです。

重要なことは「できた!」快感を感じる喜び。

成功した喜びがあなたを強くします。

毎日1つその快感を味わえるように、着実に努力してみましょう。

その素晴らしい経験が、冒頭で述べた「過ち」を回避するスパイスとなると私は言い切ります。

人生って結局は目の前に現れ続ける物事について「自信がある」かどうかだけ。

「このスポーツは部活で長年してきたから自信がある」

「お金を稼ぐノウハウを知っているから借金しても全然心配ない」

「太ってもやせ方を知っているから安心だ」

どれもこれも「知っているから自信がある」のです。

自信があることは人生を豊かにします。

しかし、現代人は自分に自信がありません。

特に日本人は持てない傾向にあります。

子供たちに将来の夢を尋ねると大抵の日本の子供たちは

「大きくなってから考えるー」

「考えたこともなーい」

というニュアンスの力ない回答が帰ってきます。

逆に貧しい国の子供たちに同じ質問をすると

「お医者さんになって世界中の病気をなくしたい」

「金持ちになって家族に楽をさせてあげたい」

といった明確な回答が2つ返事で帰ってきます。

これは育った家庭環境が1番の原因であろうと思います。

厳しい生活が子供を強く育てます。

日本のように平和ボケした生活を繰り返し送っている子供たちに明確な夢が浮かんでくるわけがありません。

クラスの友達との会話も将来の世界を良くしようといった討論が行われずに、芸能人の話で盛り上がっています。

そういった甘い子供時代を送っている中で、危険回避能力が身につくのか疑問。

日本の自殺者数も先進国の中ではダントツでトップです。

この現状にストップをかける責任は私たち一人一人にあります。

あなた自身にもありますし、私にも間違いなく責任はあります。

 

今回は過去の過ちを絶対に2度と犯さないというテーマで書いてきました。

もし、それができないで悩んでいるのであれば私までメールを。

改善点を的確にアドバイスをすることができます。

 

ここから今すぐ相談する

 

 

PAGE TOP