Yahoo 励まし ネットビジネスをはじめから丁寧に解説したけど1つか2つ質問ある?

Tシャツをせっせと売る

先日テレビ番組で中国のインターネット上でのビジネスのドキュメンタリーをたまたま拝見しました。

今中国には1000万件ものインターネットショップが存在しているそうです。

その中で1組の家族の奮闘劇を取材していました。

Tシャツをネットショップで販売し稼ぐビジネスをしていました。

購入者であるお客さんは、販売したそのお店に対する評価を良いか悪いかでレビューすることができます。

それは日本のヤフーオークションでも同じシステムを採用しています。

その中国版とイメージしてください。

お客はこのように販売店を脅すのです。

「良い評価をあなたのお店につけてあげる代わりに〇〇円をください」

あなたならどうする?

このネットショップのAさんは自分のネットショップの評価を下げたくありません。

下がると他のお客さんからお店に対する信頼をなくしてしまうからです。

信頼性がなくなれば、Tシャツの販売枚数がガタ落ちとなります。

やむなくAさんは日本円で数百円をお客さんに支払い良い評価をつけてもらいました。

しかし、そのぶんの代金はTシャツの純利益から捻出していることになり、稼ぎはわずかしかありません。

ここが日本と違う文化だと感じました。

評価をつけてあげるから金をよこせというお客さんは日本にはほとんどいません。

それに対してお金を支払うネットショップオーナーも日本には皆無です。

夢を持って田舎から都会に出稼ぎに来ても中国では仕事がありません。

大学卒業者であってもまともな仕事に就くことができないのです。

ですから、大学を出た若者であっても未知の世界であるネットショッピングに手を出してしまい、国内に1000万件ものネットショップが存在しています。

その数は毎年増加傾向にあります。

私ならネットショッピングはしない

リスクが高すぎるからです。

仕入れたとしても売れなければその時点で借金生活です。

では仕入れ値が0円であったとすればあなたならチャレンジしますか?

というかその前に仕入れ値が0円の商品があればの話ですが、それがこの世にはあるんです。

「情報」

さっぱり意味が理解できない人のために、ここでわかりやすく説明したいと思います。

本屋で本を買うとします。

さて、本を書いた著者は何を売っているのでしょう。

形作っている本のカバー?

それとも本自体である紙?

いったい何を売って1000円前後も私たちは支払うのか考えてみてください。

「情報」

漫画雑誌であればワンピースという情報を、新聞であれば芸能やスポーツ、昨日起こった事件を商品として売っています。

新聞紙を鍋敷きに再利用するために毎月3000円も支払って購読している人はいません。

冒頭で述べたネットショッピングではまず仕入れるものがあって初めて運営していけます。

しかし、私のようにお客さんが欲しがる情報をネットショッピングで売れば100%純利益です。

もしも売れないことがあったとしても借金にはなりません。

費やした時間だけ損をした程度で済みます。

では情報とは何を売ればいいのかわかりませんね。

答えは本屋にある

本屋に行って何か一冊めくってみてください。

料理の本、健康の本、スポーツ上達の本・・・

あらゆるジャンルの本があります。

めくった先にある内容を消費者が欲しいからその本は全国の書店に置かれているわけです。

つまり、あなた自身がブログを開設し、その記事をして本屋に置いてある何かしらのジャンルの内容を100記事書けば立派なネットショッピングの完成です。

いわゆる、あなたのネットショッピングであるブログが1つのジャンルのスペシャリストになるのです。

するとそのジャンルについて悩みを持った日本の誰かがあなたのブログにメールを送って来ます。

「ブログ拝見しました。私はダイエットできずに悩んでいます。痩せるノウハウを教えてください」

あなたはこう返信するだけです。

「ありがとうございます。私のノウハウは10000円ですが必ず結果を出すことができます。私の情報を買いますか?」

「痩せることができるなら、安い買い物です。明日振り込みます」

 

さてあなたはここまでの流れについてこれましたか?

これが仕入れ値0円の情報をブログで売るための1連の流れです。

難しい点は100記事もの記事を書くことです。

外注化して他人に書かせては意味がありません。

それは工場で作ったケーキをあなたのお店で

「私が作った手作りケーキです。美味しいですよ」

と販売しているようなものです。

工場で作ったケーキは日本中のお店ですでに販売されています。

あなたが材料を吟味して作ったケーキだからこそお客さんは感動して購入してくれます。

手間暇かけて自分の言葉で100記事を作成しましょう。

100記事作成には数カ月かかります。

しかし、あなたのブログが認知されるにもどうせ数カ月間かかります。

今日ブログを始めて一週間後に売れるわけありません。

時間をかけ熟成させて売れるという流れですので、100記事書くのに数カ月間を要しても問題ありませんので焦らずに毎日1記事書いていきましょう。

書けば書くほどにあなたらしい「味のでたブログ」が完成します。

あなたの魂のこもった味を好んだ人が居酒屋にやってくるように毎週訪問をしてくれます。

さらに全国に仲間が増える楽しみもあります。

ここではダイエットを例題としてあげましたが、あなたの販売したいジャンルを自由に決めて稼いでいけばいいというシンプルな構造です。

お金がかからずに夢のお店が持てるなんて最高!

 

もしもそのノウハウを知りたい人は私宛にメールをください。

「販売できるジャンルがありませんのでどうしたらいいですか」

といった悩みでもかまいません。

意外と初心者さんはそこで足が止まります。

実際に私もそうでした。

ここをクリアすればスムーズに作業が進んでいくと予想しています。

中国の現状をテレビで知り正直ショックを受けました。

結局Aさんはネットショッピングを断念し、奥さんと赤ちゃんと三人で故郷に帰る決意をしてその番組は終わりました。

おそらくかなりの金額の借金をしたまま帰ることになります。

夢を持って始めた結果勝負に負けたのです。

かわいそうですが、全て自己責任です。

もしもAさんが私のように「情報」のみを売っていたら借金をしなくて済んだはずです。

売れなくて辞めたとしても仕入れ値がかからないので借金は100%しません。

このことから私は強くこう言いたいのです。

「知らないことは恐ろしい」

今はインターネット上で検索すれば世の中のほとんどの情報は無料で手に入ります。

逆に考えればそれはビジネスチャンスだということです。

懸命に会社で働くことは素晴らしいことです。

ただその会社も永久に安定しているとは限りません。

赤字で潰れてしまえば、会社の責任だといっても解決はしません。

ということは副業としてこういったビジネスも本業と並行して準備していくことをオススメします。

はっきりいって世の中は安定していません。

明日、大きな事件が起こる可能性を大いに秘めています。

今回はネットビジネスのメリットについて中国の例と対比しながら説明しました。

あなたも私も世の中のことについて知らないことばかりです。

しかし重要なことは「自分が無知だと認識する」ことから全てはスタートします。

無知だと思ったならば、その瞬間から「知ろう」と行動しましょう。

日本はそれができない人達ばかりです。

あなたが今日から早速行動したら、何万人もの人間を一気に抜き去ることができますよ。

 

ネットビジネスについての問い合わせはココ

 

 

PAGE TOP