励まし 0円の優しさ

ノマド生活

ノマド生活という言葉はこの頃できた新しい言葉です。

遊牧民=ノマド

遊牧民のように、パソコン1つを持って場所を固定せずに仕事ができる人を指します。

私も数年前、この生活に憧れました。

1会社員として生活をすることは簡単です。

ただ、誰もが実現できないであろうことにチャレンジしたい情熱が、生まれてきました。

パソコン1つをカチカチしてお金を稼ぐことは、ものすごく難しいと知っています。

挫折したことは何十回もあります。

「どうせ、頭のいい人しかできないんだよ!」

そう何度も感じ、自分を正当化しようとしていた私がいました。

しかし、その横で

「やり続ければいつか花が咲く」

こう信じる私も座っていました。

両極端な葛藤に翻弄されながら、今に至っています。

そして、そこそこ稼げるレベルにまできたことに喜びを感じます。

ノマド生活になるまでにはもうしばらくかかりそう。

ただ、できると信じてやってきて良かったと、心の底から思います。

少しは稼げるようになったというお金のことではありません。

1つのことを諦めずに、やりきったことへの満足感だと思っています。

したくもないことを、毎週することは正直言って辛いだけ。

しかし、辛いことを歯を食いしばって崖から落ちないようにしているうちに、自信がついてきたのかもしれません。

私の体験談を通して、「ノマド生活は実現可能」だと判断できたようです。

もし興味がある方はメールをください。

ただし、生半可な気持ちで挑戦しても実現不可能。

誰でもすぐにできるのであれば、すでに皆さん会社を辞めています。

できないことではなく、「できにくいこと」だとイメージしてくれると理解しやすい。

ただし、運営費は毎月数千円程度で済みます。

安さが1番のメリットですね。

仮に、飲食店を開業しようとしたら、莫大な費用が必要です。

運用機材や毎日の食材費、人件費。

考えただけで借金の山しか見えません。

ノマドが実現可能になったのもここ10年です。

そもそもインターネットが普及していなければ、ノマドは成り立ちません。

パソコン1つで稼ぎながら、世界を観光して回ることほど幸せな生活はないと思います。

めまぐるしく忙しい現代社会にあって、皆と同じ生き方が安心なことは確かです。

でも、自身の可能性を「自力」で押し開く環境も整っている時代に突入しました。

わずか最近10年間に広がった新たな可能性を使わないのは損です。

ライバルはこの先5年間で数倍に膨れ上がることは決定しています。

会社に依存する人生も素晴らしい。

ただ、遊牧民のように生きることも、スリルある選択肢だと感じます。

そしてこの10年間で世界一普及した製品があります。

「スマートフォン」

この出現は世界を大きく変えました。

電話機にタッチ画面を採用する発想は誰もしなかったのです。

ATMであればそれ以前からタッチ画面操作が普及していました。

ただ、携帯電話機のような小さなハードソフトに実現可能であるかは疑問が残りました。

あらゆる開発能力を総動員し、アップル社が世界で初めてiPhoneを販売したのです。

ノマドにはお客様が必要です。

その手助けとなったのが、スマートフォンであることは間違いありません。

パソコンであれば、家にいないとインターネット検索ができません。

しかし、外出先でも検索できるのがスマートフォンの最大のメリット。

つまり、外出先でも商品の購入が可能となりました。

逆に言えば販売領域が家の外にも広がったということ。

直感的にタッチして操作できる機械であるため、サクサクとページが進んでいきます。

スムーズな操作性がスムーズな販売ルートを作り上げてくれました。

操作性もノマドの可能性を、無限に大きくしてくれたのです。

さてここまでノマド生活について語ってきました。

遊牧民のような夢の生活に興味がある方は今すぐにご連絡をください。

どうでもいい人は無視してかまいません。

他の記事でもネットビジネスのやり方を、わかりやすく解説していますのでご覧ください。

格安で夢をオープン

簡単に一言で説明するなら、ネットショップを持つニュアンスです。

商店街にあるような、本当の店舗経営と1番違う点は、毎月の経営費用が100分の1で済むこと。

そして、第2に違う点はグーグルが勝手にお客さんを連れてきてくれること。

営業マンがいらないということは、営業に回る時間を節約できます。

しかも、毎日100人1000人という人に無料で商品の宣伝ができます。

どちらかと言えばこちらのメリットの方が大きいかもしれませんね。

仮に美容院を開店したとしましょう。

店舗ホームページを1度作ってしまえば、毎日多くの人が勝手に店舗情報を閲覧してくれます。

地域の住人を1軒1軒ホームページが挨拶に回ってくれているのです。

ホームページにメールマガジン登録欄を設置しておけば、勝手にお客様が登録をしてくれます。

登録時すると、お店側はお客様のメールアドレスを自動で手に入れることに成功。

仮に100人がメールマガジン登録をしてもらえたとしましょう。

つまり、100人分の貴重な個人情報がお店にはあるのです。

そしていざキャンペーンを開催したい時期に、ボタン1つで100人にメールを送ることができるのです。

しかも、ハガキと違い紙を使用していません。

1円も経費をかけることなく、ダイレクトにキャンペーン情報をお知らせできるのです。

あれもこれも全てインターネットが働いてくれます。

こんなに便利な時代に入ったということ。

アプリゲームも新時代の象徴です。

たった5年前までは、PlayStationのシェアが大きかったのを覚えていますか?

今では、コマーシャルさえしなくなったことにお気づきでしょうか?

コマーシャルといえば、アプリゲームばかりです。

つまり、家にいないと遊ぶことができなかったテレビゲームの時代は終わりを告げました。

変わって出現したものが「スマートフォン用アプリゲーム」。

アプリもまたインターネットの恩恵を受けたビジネス戦略です。

中年男女でさえも参入してきたこと自体、テレビゲームにはあり得なかった現象でした。

やはり1番のメリットは「無料」をうたったことにあります。

では0円で何万人も遊べることができるの、はなぜでしょうか?

1つのシステムを作ってしまえば、無限に無料コピーができてしまうからです。

販売側が無料でできるため、買う側にも無料で提供ができてしまうわけです。

ユーザーは気に入ったアイテムがあれば、100円単位でゲーム内で購入をします。

チリが積もれば山となるように、100円が1万個販売されれば、ゲーム作成会社は100万円の利益を自動的に手に入れることができるのです。

メリットは材料費がかからない点だと思います。

テレビゲームソフトであれば、DVD-BOXがなければ販売できません。

アプリゲームは最強の販売戦略であるといえます。

ここでノマドからネットショップ、そしてアプリゲームまで駆け足で説明をしてみました。

何気なく過ごしている日常は、毎年知らないうちに進化しています。

その根底には、ユーザーのメリットはなんだろうかという「哲学」があります。

ユーザーの欲求を埋めるだけの新製品を開発すれば、製品は勝手に売れていきます。

しかもグーグルが勝手にお客様をあなたの元へと連れてきます。

頭を働かせ、努力さえすれば会社に勤めなくても生きていける世界。

なんとも不思議なことだらけですが、21世紀はそんな世界です。

人工知能が評判を呼ぶ世界です。

人が働いていた作業を勝手に考え働いてくれるコンピューターが増えています。

しかし、「悩み」というものは、ロボットには持てない人特有の「感情」。

人だからこそ、悩み、喧嘩し、そして仲直りします。

ロボットには永遠にできない作業は、いくらでも残っています。

人のために「励ます」。

これほど生きている上で素晴らしいことはないと思います。

私は先ほど、「世の中は無料化している」と行った内容について熱く語りました。

よく考えると、「励ますこと」も無料でできるシステムだと気付きました。

声をかけることにお金は1円もかかりませんよね。

そこには「やる気」があるかないかのレベルです。

レベルが高いと思えば高いまま。

あなたの気持ち次第で押し下げることはできませんか?

できないと即答しては成長が止まります。

もしかしたらできる可能性もあるかも。

まずはここまで気持ちを落とし込んで、心の窓を気持ちよく広げてみましょうよ。

世の中の文明はどんどん進化し、ビジネス形態も変化しています。

ただ、人が1万年前から持ち続けてきた、先祖代々の「心」だけは崩されません。

辛いことも、次に同じ辛いことが来たとき悠々と乗り越えられる力をつけるための事前訓練。

宇宙の壮大さから見れば、チリのような辛さ。

あなたの小さな頭で考えるのではなく、器を大きくしてあげましょう。

あなたの器にはまだまだ入るスペースが有り余っています。

勝手に小さな器にするから、あっぷあっぷした辛い精神状態になるのだと知ってください。

あなたが小さくしたのだから、勝手に大きく広がていいのです。

3畳のテントを2つくっつけて6畳にしてしまいましょう。

4つくっつけて12畳にしてしまっても誰も迷惑だと思いません。

なぜなら、あなたの心の広さを広げただけだから。

同じ辛いことがあってももう大丈夫。

広くなったから、安心してどんどん友達を連れて来てください。

勇気の拡大

桜は茶色のゴツゴツした幹の中に、淡い桜の花びらをいくつも隠しています。

不思議なことは自然界においては、不思議でもなんでもないんだと気付いた時に、殻に閉じこもっている私が不自然に思えて来ました。

あなたの中にも淡い桜の花びらが隠れているのでしょう。

勇気という名の桜を。

春になれば桜の木は誰から言われなくても、勇気を出して花を咲かせます。

「咲きたくない」

こう嘆いて咲かないまま夏を迎える、桜の木をみたことがありません。

自然はやるべきことを毎年決まった季節にやるのだと知りました。

あなたにも、やりたくてできなかったことがあるでしょう。

やってはいけない「理由」を勝手に付け加えるのは、いい加減にやめましょうか。

だって世界はこんなに広くて、いろんな人が笑顔で生きています。

その輪に入ろうとすれば、喜んで迎え入れてくれます。

信頼できる友を、相談できる仲間を作った方が精神的に安定します。

大丈夫、あなたはこれから最高に納得のいく生活を送ることができます。

私が友になります。

今日からよろしくお願いしますね。

心の底からあなたを信じます。

だからあなたも私を心の底から信頼してもらえたら嬉しいです。

せっかく元気な体で生まれて来たのですから。

そして何にでもチャレンジできる立場にあるのですから。

あなたは100%大丈夫!

 

メールはこちらから

 

PAGE TOP