Yahoo 励まし 生活をワクワクするためのたった1つの思考

親友作りの基本

初対面の人へ話しかける時、緊張しますよね?

でも、話しかけられる方もあなたと同じことを考えています。

人はもともと自分を護る性質を、合わせ持っています。

つまり、話しかけたり、かけられたりすることも「危険」な行為だと思い込んでいます。

危険がパッと開けた瞬間にスッと心に響く、満足感が体を覆います。

それは「話しかける」という勇気のご褒美として与えられる勲章。

勇気の先に後悔は存在しません。

勇気を出すこと自体が「危険」であると、本能的に感性に刷り込まれています。

だから、人は皆「あえて」努力をしないように形作られていると言えます。

語りかけないことは「正常」な判断であり、語りかけることは「勇気」の勲章ということ。

うん、それでも生きてはいけます。

でも感動できることが少ないかもしれませんね。

私は感動のない毎日に「魅力」を感じられません。

面白くないことを「面白くする」。

そのチャレンジが面白いと思いませんか?

挨拶から1位日を始める

挨拶一つから始めると簡単に「面白く」を達成できます。

時には通ったことのない、近所の道を歩いてみるのもオススメ。

「家から歩いて20分のところに、こんな素敵で意外な場所があったんだ」

こんな素晴らしい出会いも、視野を広げると100%起こります。

近所であっても通ったことのない道は、「あなたの知らない世界」。

確かにそこにも人は暮らしています。

初対面の人へも勇気を出して挨拶をしてみると、楽しい気持ちになること間違いなし。

挨拶一つでもう「友達」作りが達成できました。

おめでとう!

人から話しかけられることを待っていても、話しかけられません。

あえて、あなたからクラスでも会社でも笑顔で「こんにちは」から始めてみるといいかもしれません。

さて、初対面の第一印象はものすごく大切。

笑顔こそが勝利の因だと、常に覚えておいてください。

もしあなたが人から笑顔で話しかけられるとホッとすると思います。

「あなたに危害は加えませんよ」

そういったニュアンスが笑顔には含まれています。

だからこそ、あなたが話しかけるパターンであっても

「あなたに危害は加えませんよ」

オーラを笑顔でかもし出したほうが「得」をします。

あなたも得ですが、話しかけられた相手も同時に心地よい気持ちになるのです。

笑顔には両者をつなぎあわせるパワーが秘められていると、「知って」ください。

どうせ同じ一生なら、楽しく生きたほうがいいと思いませんか?

皆さん同じことを思っていますが、できないでいるのが現状です。

不思議なこと。

皆さん「理想の現実に近づけない」、もどかしさの中で1日が過ぎ去っています。

「やりたいことができていない」

「そもそもやりたいことがない」

ハッキリ言って、「あなたの責任」としか言いようがありません。

今でしょう

旅行がしたいのにできていないのなら、まずは日程を確保して今日明日のうちに「旅館予約」を済ませてしまうことをオススメします。

予約ができていないことも、あなたに「勇気」を出す決意が固まっていないから。

では勇気を出しましょう。

サッと旅館に電話して

「○月○日 1名予約お願いします」

はい、これでもう後には引けません。

スタートしてしまうことが全て!

部屋が汚ければ10分間だけ、掃除をしてみましょう。

すると

「ここも掃除したい、あそこもしておきたい」

瞬く間に10分間を過ぎ去って、きれいな部屋に大変身。

「うつ病」で悩む人も外に出て軽い運動から「スタート」してみましょう。

体を動かすとストレスやイライラが消失します。

病院に通院して改善しないのなら、薬ではなく運動でストレス発散が1番の特効薬。

一緒に行く人がいなければ、一人でいいのです。

逆に一人の方が、「気持ちの整理」がつきメリットも多いかもしれません。

私は「うつ病」などこの世にあり得ないとさえ本気で思っています。

あなたが勝手に病気であると決めつけているだけだとしたら、それこそ間違い。

「私はうつなどという言葉さえ知らない」

「ありのままの私で全て完成されている」

繰り返し心の中で、唱えると本当にうつなど飛んでいきます。

私はどこまでも、あなたを信頼し切っています。

だからもしあなたが薬に依存しているのであれば、私に絶対的信頼をおいてください。

メールをいただければ、結果を出します。

私はこれまで様々な辛い経験をこなしてきました。

挫折して逃げたこともあります。

逃げたことも含めてあなたの力を引き出す方法を伝授します。

人を救うために私は日々活動をしています。

生まれてきた「使命」は救うことにあるのだと、腹を決めきっています。

  • やりきることの大切さ
  • 生きることの辛さ
  • 人との良い関わり方
  • 病気の受け入れ方
  • お金の重要さ
  • 人の優しさ

この中に1つ2つとあなたにあてはまる「悩み」が現実にあるのだとしたら、放置すると一生「悩み」と付き合っていかなくてはならない。

まずはあなたの「腹を決める」ことで50%は改善します。

何より先に決めることです。

決めたなら、決意を貫くことがものすごく大切。

いつかではなく、「今」この瞬間が勝負!

「できない」レッテルを貼られるのはもう限界です。

「できる」のレッテルをあなた自身で自分にバリッと貼ってください。

はがれないくらい強烈にベッタリと貼りましょう。

それがあなたの決意力だとイメージしてください。

決意できれば、あなたを救ってくれる仲間が必ず現れます。

信頼できるレベルの仲間を、日本語で「親友」と呼ぶそうです。

いい言葉ではないですか、「親友」という響き。

初めて会うご近所さんにも挨拶1つで「親友」になれますよ。

セルフマインドコントロール

「心こそ大切なれ」

実は私が指針としている大切な御金言です。

自分の生まれながらに持ち合わせている「心」をどう良い方へとコントロールするのか。

人生ではまずそこを考えることから、スタートすべきだと思っています。

楽な生き方は1%もありません。

波が押し返してきても、あなたは必死に船を漕いで目的地にまで到着しなければならない船旅。

波が大きければそれだけ押し返されます。

荒波が大きいほど、必死に諦めることなく漕いで漕いで漕ぎまくる。

漕ぐことを1分間でも止めてしまえば、スタート地点に押し返されます。

それもまた1つの人生のドラマ。

しかし、漕ぐ権利はまだ残っているとしたら、また漕ぐべきです。

慌てずに心落ち着けて、目の前のことに全力を尽くすべき。

全力の過程の中に、新たな力と経験を増すことができます。

すると、次に同じことへ挑戦した時には余裕で大波を乗り越えることが、100%できるようになっています。

人生とはそんな単純なシステム。

動物だって毎日裸で外で寝泊まりしています。

人間だって動物以上の潜在能力は生まれながらに持っています。

どこまで落ちても

「あきらめない、あきらめない、あきらめない・・・」

そう、あなたは何があっても楽観主義。

「なぜ山に登るのか そこに山があるからだ」

こんなことを言った人がいました。

苦難があるからどうこう考えるレベルではなく

「やってやろうじゃないか!」

強くとぎすまされた精神で己の弱さに向かっていきます。

躊躇する余地さえ生じないモチベーションで戦う精神力。

さあ、私も戦います。

あなたも生命力を満々とたぎらせて勇ましい明日を送ってください。

 

メールはこちらから

 

PAGE TOP