Yahoo Q. ストレスばかりで辛いよ

A.  整理してよくよく考え直してみると見えて来ることがある

 

私の好きな作業用音楽はYouTubeの「鳥のさえずり」です。

以前は「雨音」で記事を書いていた時期がありましたが、どうしても雨の音が気になって集中できませんでした。

何だか、お笑いのネタのようなことを言ってますが、作業に向いているのか疑問でしたね。

鳥のさえずりはずっとなり続けているわけではないので、私にはあっています。

つまり、途切れ途切れの音のリズム感で、本当に森の中でパソコンを打っている錯覚に陥ります。

さらに話は変わりますが、テレビを見ながらの作業は絶対に悪影響ですね。

明らかに記事よりも興味が湧いてくる話題が、テレビで流れているからです。

思わず勝者であるテレビに目がいってしまいます。

しかし、テレビもメリットがあります。

それは「言葉」の辞書であるからです。

アナウンサーやタレントが語っている言葉の中から、私が語り表すことができていなかったニュアンスの言葉が語られていきます。

その1つが私の耳に入ると瞬時に

「ああ、こんな言葉の表し方があったのか」

そんな気分になり、その言葉を元にした「1つのフレーズ」が新たに記事へと書き込まれます。

私の耳で感じたフレーズを脳が察知し、瞬時にその言葉を紛れ込ませた1文が出来上がるのです。

仮に作業用音楽であれば、「1つのフレーズ」を手に入れることは絶対にできません。

つまり、テレビにはメリットとデメリットがあると言えます。

もちろんラジオもテレビと同じこと。

仮にラジオで「はやる気持ち」とナレーターが語ったとしましょう。

すると「はやる気持ち」は私が使っていなかった言葉だと判断し、まさに今打ち込んでいる文章に入れ込みます。

こんな風にして書くと記事がスラスラと進んでいくので、あなたもお試しください。

さて、作業用音楽とテレビについてサッと説明しました。

あなたのお役に立てば嬉しいです。

 

歌詞に引っ張られない音が最適

例えばクラシック音楽を永遠と流す方が、より良い作業をこなせると思います。

歌詞のある音楽は少しインパクトが強すぎる傾向にあるからです。

その点、クラシック音楽は歌詞に心を引っ張られる心配が0。

まあ、こんな感じでザッと「人が作業しやすい音」について語りましたが参考になれば、私も嬉しいです。

しかし、作業用になぜ音楽が必要なのかという疑問が浮かんできました。

人は作業をストレスなくこなすために、音楽を流すということでしょうか?

1つの理由としては「正解」だと思います。

しかしそれは歌詞がない音楽の方が適しています。

例えばクラシック音楽を永遠と流す方がより良い作業をこなせると思います。

歌詞のある音楽は少しインパクトが強すぎる傾向にあります。

その点、クラシック音楽は歌詞に心を引っ張られる心配が0。

さてザッと作業をするときの音楽について書いて見ました。

私も音がきになる性格なので、あまり賑やかな場所は好きではありません。

逆に自然が豊かなところを歩くと、ストレスが発散されるのがわかります。

今回は音も含めて、人との関わりにフォーカスをあてて探ってみたいと思います。

職場でも学校でも人が周りにいて、私たちは生活をしています。

例えラジオから流れる音であっても私たちに影響を与えます。

それが感情を放つ「人」であれば、何倍もの影響を受けるでしょう。

つまり、「いい音楽」と「不快に感じる音楽」があるように、あなたが接する「人」に対してもそれと同じニュアンスで当てはまります。

心地よい人と、不快な人。

心地よい人は例外なく、相手であるあなたをイライラさせる言動をしない傾向にあります。

不快に人はその逆です。

一緒にいて何かしらの悪影響をあなたにぶつけてきます。

それを相手が認識していないパターンが多いので、あなたはずっと長い時間影響を受けるハメになるわけです。

ではあなたが損をしないために生活を送るにはどうすればいいのでしょうか?

あるものをないものにする

はっきり言って簡単です。

「原因から離れる」

これが何よりも1番確実な回避方法。

学校や会社で「不快に感じる人間」があなたのそばにいた場合、できる限りベストなタイミングでその場から去ってしまいましょう。

何も遠慮はいりません。

離れてしまえば、相手は「存在しないもの」として完結でき、100%スムーズに仕事を進めることができます。

しかし、離れることができないパターンも必ず出てきます。

そんな時はあなたのマインドを変えるしか方法はありません。

たとえ嫌な相手があなたの横や周りにいたとしても、こうマインドを変革するのです。

「無視する」

ひどい言い方かもしれませんが、ただ100%無視するわけではありません。

何か相手から質問をされた場合には、的確に大人としてコメントを返してください。

ただし、それ以外のくだらない意味不明な会話に関しては「無視」を貫き通します。

決してそこにはイライラするという概念は1%も存在しません。

なぜなら、相手が「いないもの」として完結するからです。

いるのにもかかわらず、いないものにすることは難しそうですね。

しかし、イメージトレーニングを毎日繰り返していけば、必ず達成できるようになっています。

訓練と同じです。

あなたが昔できなかったスキルが今では的確にできるようになっているように、これも同じこと。

「存在自体を忘れる」

決して難しいことではないので勇気を持って明日から試してみてください。

世の中には、必要のないことが山ほどあります。

しかし、私たちには欲があり、欲を満たしたい一心で生きています。

極端に言えば「欲を満たすために生まれてきた」ということかもしれません。

逆にとらえると、欲を満たさなければならないほどにストレスを感じ続けています。

生きることは辛いことの連続です。

だから自分で命を絶つ人も1年間に3万人近くもいるのでしょう。

仮に何1つ悩み事がなければ、命を絶つことなど最低と感じるはず。

しかし、生きる上で悩みが0な人は地球上にこれもまた0。

金持ちなり、健康なりにそれを立場として些細な悩みは生まれてきます。

庭の草を抜いても抜いても永久に、はえてくるように。

それは仕方のないことだと認識してください。

その方が豊かな生活を送ることができます。

もしかしたらあなたも3万人の予備軍に位置しているかもしれないのですから。

人はちょっとした些細なことを原因に、苦しみは大きく感じてしまう生き物です。

動物はいつまでもクヨクヨ悩むことはしません。

人の脳は優れ過ぎているために、かえって悪影響な知識まで抱え込んでしまうのです。

冒頭で話したように、不快な音楽もあなたが勝手に無意識のうちに選択しているのだと思います。

そして周りの人を、いい人悪い人と選んでいるのです。

脳が優れているからこそ、今度はあなたの脳をうまくコントロールしてみませんか?

訓練してもできない人は、必ず私までお問い合わせメールを送信してください。

「やれば得する練習法」をより具体的にお教えする準備はこちらで整っています。

 

 

お問い合わせはここをクリッククリック

 

 

PAGE TOP