【5分で読める】Q.負け組からたった1つの勝ち組になるにはどう変わればいいのかな

 

A. 勝つことのこだわることなく、負けない自分になろうよ

M男
周りの人が敵に見えてしまうの

S子
敵なんていないよ。あなたがそう決めつけているだけだよ

 

さて今、季節は初夏に突入しました。

近頃は異常気象が多発しており10年前の天気とは、全く違ったものになりつつあります。

地球が誕生して46億年、そしてその最先端のわずか50年ほどの間に人間が地球のリズムを激変させてしまいました。

その証拠として、気象状態も急激に変わりつつあります。

しかし、その代償として人間自身が苦しむ結果となっていることにお気づきでしょうか?

自己中心的な思想がこうした、狂った猛威を呼び起こしているのです。

しかし、世界中の政治家は人ごとのように客観視しています。

何故ならば、30年後にはその政治家たちも生きていることもないはず。

ですので、30年後以降のダメージを本人も受けないと知っているのです。

つまり、「先のことはその時代の政治家が解決をしてくれ」的な狂った政治を運営していると言えます。

しかし、今この瞬間の地球の悲惨な現状を目を大きく開いて、しっかりと見てください。

飢餓、戦争、異常気象、これらは全て「誰の得をしない」負の産物です。

こんなくだらないことに命をかける生き物が人間です。

だからこそ、その奥の奥にまで手を入れて、価値のない産物を消滅させなければ、人類の平和は訪れません。

さらに突き詰めていくと、それは私とあなたを含めた、「人間革命」にしか解決の方法はないのです。

さて、せっかく時間をとって今まさに私の記事を読んでくれているあなたですから、価値ある内容を提供しないと失礼にあたります。

ですので、ここで1つ価値のある考え方をプレゼントしたいと思います。

それは、「あなたの中に太陽がある」。

この言葉を今日は赤いリボンを付けてプレゼントします。

決して明日も来週もそして来年になっても、「あなたの中に太陽がある」という素晴らしき言葉を忘れないでくださいね。

ではこの言葉の意味とは何なのか?

突き詰めて言えば、希望を作り出す果てしない力が胸中にあり、その力をいつでも出したい時に出せるということ。

先ほど私が汗をかきながら必死に訴えたように、「くだらない」哲学を持った人間はこの世界に山ほどいます。

それはその人が小さい頃に育てられた環境が、大きく影響していることは否定できません。

そして20歳ごろから独り立ちした頃に、顕著にあらゆる思考が芽を出してきます。

芽を育てる養分となっているものは、紛れもなく幼少期の生活環境や教育思想……。

そして30代になりようやく、20代の誤ちに気づき始めるのです。

30代で正義の方角へと転換できればいい方ですが、誤ちを直せない人はその後も誤ちを繰り返していきます。

それが今の時代に各国のトップに君臨している、無能な各国の政治家だと言えます。

では何故、国民は間違った思想や哲学を持ち合わせた、候補に貴重な1票を投げ入れてしまうのでしょうか。

それは紛れもなく、国民自身も誤った思想を30代になっても転換できていないからだと思います。

この候補であれば大丈夫だろうとの安易な考え方であれば、安易な政治家しか生まれません。

そういった選挙を何十年もの間繰り返し繰り返し行ってきた結果が今の私たちが生活をしている「地球」なわけです。

今の世界を見渡してあなたはどう感じますか。

果たして満足のいく世界が回転をしているでしょうか。

答えは100%「No」ですね。

未だに繰り返される最低な戦争。

そして生きることを断念させる飢餓。

こういった暴力的差別を何故人類は、いつまでも根絶することができないのでしょうか?。

その根本は選挙で低レベルなリーダーを選出しているが故の、起こるべくして起きている現実なのです。

ただし、日本は世界でも類のないほど平和な国家であると私は断言します。

基本的に日本人は真面目で勤勉で文句を言わない人種であり、困った人のために何でもしたがる素敵な性質の持ち主です。

これは全国民がそうであるのではなく、比較的そういった人たちが多いという意味ですので、この説明で誤解を解いておきます。

そういった世界一平和な国で生活を送っている私たちには、世界の戦争や飢餓の「事実」を目の前で見る機会がありません。

素晴らしい国民でありながら、世界の苦しみを知らない矛盾的な状態となっているのが、私たち日本国民です。

では、このバランスをうまくつなぎ合わせ、世界の平和的変革の手助けになることはできないでしょうか。

「あなたの中に太陽がある」

そう、先ほど私があなたにプレゼントしたこの言葉です。

この中の、「太陽」とはいったい何のことを指しているのでしょうか。

それは、あなたが人のためにできる全ての事柄、そしてあなたが自らに灯せる希望の力を言います。

あなたは毎日せっせと懸命に生活を送っているでしょう。

中には悩みが尽きない辛い人生を送っている人の方が多いはず。

私も悩みを抱えながら懸命に生きています。

そしてあなたと一緒に仕事をしている人、隣に住んでいる地域の方々、そういったあなたから見る他人も、悩みと格闘しながら懸命に生活を進めています。

悩みとは本当に心をむしばんでいく攻撃的性質を持っています。

心が苦しめば、その先に体をいじめ始めます。

逆に心が24時間を通して晴れ晴れとしていれば、いつでも体は健康です。

しかし、私もそしてあなたの心もそんなに強靭に作られてはいません。

今仮に、あなたそのものが事故にあって一生寝たきりになったと想定してみてください。

寝返りを打つことさえできない重症です。

しかし、息絶えることもなく、寝たきりのまま呼吸をして目を開けたままの毎日。

そんな人生に太陽を持つことを果たしてできるでしょうか。

それほどあなたの心は無敵に作られてはいないということを、切実に知っておいてください。

人は思い通りにいかなくなったと知った瞬間に、絶望の滑り台を転がり始めます。

人生とはそんな風にして簡単に崩れ去ってしまう性質を抱えているのです。

ここまで、心と体は繋がっているということを話しました。

では、何が起こるかわからない未来を悠々と乗り越える方法はあるのか。

私もこれまでの30数年間の人生、常にその答えを探し続けてきました。

そして1つだけ誰にも崩されることのない正解を「ついこの間」見つけたのです。

それが「心の太陽」だと気付きました。

それは「勇気」とも言えるものです。

勇気を出さなければ、人に話しかけることもできません。

手助けをしてあげることも叶いません。

そして世界の平和のために「祈る」ことも勇気の延長線上にあるのです。

祈りとはお金もかからず、そして場所も選ばずにできる1番人と密接に関わる行為。

しかし、あなたはこの頃誰かの幸せを「祈った」と言い切れますか。

それは単なる形だけの産物ではなく、誠実に心の底から祈ったものを指します。

今何も貢献できていないと反省したならば、今日祈ることからスタートすべきです。

するとあなたの胸中の太陽がわずかに光り出します。

明日はその「祈った」という行動の光がさらに次へのステップへと導いてくれるはず。

なぜなら、心で起こした思いが行動に繋がる性質をあなたは持っているからです。

その名を「太陽」と呼ぶのだとイメージさえできれば、もうこっちのもの。

あなたにスイッチが入り、幸せを呼び込み始めます。

その波動があなたに関わる全ての人に伝わり出します。

会社の人、学校のクラスメイト、近所の住民、そして1番お世話になってきた家族・・・。

これは私の勝手な考えではなく、宇宙に蔓延しているパワーに絶大な力が秘められているからです。

まずは今日悩んでいる人の問題解決を真剣に祈ってみましょう。

するとあなたの心が成長していることに、「あなただけ」が勘付くはず。

そうやって、あなたがやったことに、あなたそのものが満足することが1番の力になります。

人は誰しも、やる行為自体にまずは躊躇します。

もし、やることができても、謙遜して己に満足感を与えてくれません。

それもあなたそのものが、与えないと壁を作っているからです。

それでは価値が生まれない。

そうではなくして、できたことに対してもっともっと己を誉めてあげてください。

誉められていらいらする人はこの世にいません。

できたことに満足することで、「自信」が芽生えます。

自信を1つ2つそして3つも作り上げることができたなら、小さな自信が大きな1つの自信に変化します。

小さなものより、大きなものの方が良いに決まっています。

こうして出来上がった1つの大きな自信があなたに勇気を与えてくれるでしょう。

先ほどから何度も言っている「太陽」がまさにそのこと。

あなたが難しく考えるまでもなく、1つのきっかけから、太陽は生まれます。

毎日1つの自信を誕生させるよう、朝起きてからイメージし、笑顔で1日をスタートしてみてください。

何事もイメージが大切です。

イメージとは、前準備のことを指して、そう呼びます。

何をするにも、物事を達成するには準備が絶対に存在します。

「これをここに置いて、これはあそこに何個必要だな」

こんな感じで仕事は進んでいます。

しかし、心においては準備という言葉よりイメージと言った方がしっくりくると思います。

未来が良くなることをイメージして、朝起きたら

「今日はこれだけは1つだけ達成しようではないか私よ」

そう決意したイメージがあなたにほどよい緊張感をもたらせてくれます。

つまり、「心の準備」ができていると行動に迷いが出ません。

さらに、迷うことがないあなたには勇気が生まれます。

普段であれば、諦めてしまう行動にも、スッとスムーズに入ることができます。

できないことができるようになることで、人生が楽しくなります。

すると、1日のトータル活動において、わずかながら喜び時間がアップする傾向が生まれます。

今日も明日も明後日もわずかに喜びは増えたからと言って、どうなるものか。

しかし、この「わずか」に私はダイヤモンドが潜んでいると信じています。

なかったものが生まれる。

それはあたかも、缶ジュースを1本おごってもらうことと同じことです。

あなたもおごってもらうことほど快感なことは、ないのではないでしょうか。

人のお金で食べるものほど、美味しい食事はありません。

つまり、「わずか」で十分なほど、ないところにプレゼントをいただけるパワーは計り知れないのです。

「あなたの中に太陽がある」

それはあなたが胸中に「ある」と認識することから始まります。

それはあたかも、「自信」を何度も何度も繰り返し、胸中に注入する作業。

ある日突然飽きてしまうような、中途半端な決意では何も変わりません。

人生は辛く苦しいものだと、あなたがあなたに納得させてください。

その方が、いざ本当に辛いことがやってきた時に、軽く受け入れることができます。

これも先ほど言った心の「準備」や「イメージ」と同じことです。

生きることは大変なのです。

もし仮に、今のあなたの人生が順調に進んでいるとしたなら、それはかなりラッキーな生活を送っていると知ってほしい。

何不自由なく生きていること自体奇跡以外の何ものでもありません。

夜空を見上げれば、何光年も離れた宇宙から星が光を送ってくれています。

それはまるで、辛いあなたの境涯を知ってくれているかのように、励ましてくれているかのよう。

そんな夜空を見上げて

「宇宙はなんて大きいんだ」

そう感動してみましょう。

私たちが住む広大な地球でさえも、「あまのがわ銀河」の鉛筆の先ほどの小さな丸いものでしかありません。

その「あまのがわ銀河」でさえも、広大な宇宙の点にさえも達しません。

 

 私と話しませんか。ここをクリックしてください。

 

 

 

PAGE TOP